棚完成

うだうだ考えずにとりあえずやってみてれば早かったんだよなぁ。まあそう簡単に取りかかれないのが今の私なわけだが。

ともかく廃材をおくための棚というかラックが完成した。作成に取り掛かったら完成までは早かった。ぶっちゃけると、どうしようかなぁとか悩んでる時間のほうが長かった。悩んでると言うかまごまごしてるだけの時間のほうが長かったという意味。

廃材だけの間に合せの作りではあるが、それなりに機能はしそう。それまでの床に直接置く状態から、空間を立体的に利用できる状態になったので、廃材の視認性と収納力の向上が見込める。

とはいえ、ただ棚板が2枚上に増えたと言うだけなので、さらに仕切り板を追加するとかしないと意味なさそう。収納力は増えてるとは思うのだけど。現状だとその増えた空間を有効活用できそうにない。

シロアリ

そんな棚を作るのに使った廃材だが、一部シロアリが巣食っていた。シロアリが食べたあとのスカスカな廃材を見たことはあるが、現在進行系でシロアリが存在している状態の木材は初めてだ。というか作業小屋に持っていく前に気づけてよかった。

むそんそんなスカスカな状態の木材は使ってない。切除して無事そうな部分だけ使った。

シロアリ軍団をそのまま放置するのも憚られる。家屋の方に移動してこられても嫌だからだ。

効果があるのかどうか走らんが、キンチョールを吹きかけておいた。効いてるのかはわからんが、動かなくなってたからまあ効果はあったのではないだろうか。

巣食っていたとはいえ、そこまで大きなコロニーとは化していなかった・・・ように思う。この廃材を置いてあった場所は、地面に直置き状態だし、風雨が直接あたらないだけで湿気はそれなりにある場所だったので、シロアリが湧くのもうなずけはするが。ということは、あの長屋にはシロアリが湧いているということか・・・。

長屋はどこからどう見ても傾いてますよねというレベルで壁や柱が傾いているので、シロアリにやられてるんだろうなぁ。大量のゴミでいっぱいなのでどこがどう歪んでいるのかとかさっぱりわからないけどね・・・。

寝れない

どうにも寝付けなかったので開き直ってゲームしてた。そのあとベッドで寝るのもなんか違うなぁと思って、リクライニングした椅子の上で横になってた。

バウヒュッテのゲーミングチェアを使っているが、ほぼ真横に近いところまでリクライニングできるんだよね。それで倒れたりしないのかって思うんだけど、意外と大丈夫。オットマンは別途いるだろうけどね。

私はオットマンまでは買ってないが、カラーボックスの上にクッションを置いてオットマン代わりにしている。意外と便利。

ホゾ

最近はホゾ掘って木材組み合わせる、なんてことをやらなくなった。単純にめんどくさい。廃材を利用してるからホゾ組しないというのもあるかもしれない。廃材相手だときっちりホゾ組できるほど技術力がないというのと、廃材を使った適当なものを作るだけなのでわざわざホゾ組するほどでもない、という意味。

今日作った棚もホゾではないけど、相欠きで接合したろうかなとか思ったりもしたのだが、寸法考えるのがめんどうくさすぎてやめた。もうビスでいいじゃんって。

ご意見はこちらまで