玄関が狭い

ただでさえ狭い玄関が、さらに靴が大量に置いてあることによって余計に狭くなっている。かなり前から問題は認識していた。

原因としては靴の置き場所がないことが挙げられる。靴箱はあるにはあるが、私の靴ですでにいっぱいになっており、入り切らない靴がそのまま並べられている。

対策は簡単だ。ないなら靴箱を作れば良い。

ということで靴箱を作った。靴棚?

廃材を置くための棚を作ったのと同じ要領で作成した。今回は構想そこそこにしてとりあえず適当に作っていこうという感じで作成した。はじめは木材買ってきてちゃんとやろうかなとか思っていたのだが、廃材を使って作れるならそれでいいかと、廃材を使うことにした。廃材を後生大事にとっておいても仕方がないしな。

行き当たりばったりで作成したから、微妙に斜めっていたりしてる。最初のうちはきれいに作ろうとしていたのだが、途中からきれいにするのがめんどくさくなってやっつけ仕事になった。

棚の作り方

こういうふうに組み合わせれば棚っぽい骨組みができる、という観点から木材をつなぎ合わせて棚を作っているわけだが、木材同士をつなぎ合わせるときに90度が出てなくて完成したものをみたら歪んでる。木材の長さが微妙にあってないのに、合ってるという前提で組み合わせたりするからズレが生じるんだよな。

廃材だしまあいっかって思ったけれど、こういうのをずれないように作る手順があるんだろうなぁ。

たとえば木材に墨線ひくときに、基準面を決めて常にその基準面を使うことで、一周スミ線をひいたさいに線がずれないようにする、なんてテクニックみたいに。これは木材には歪みがあるから、普通にスコヤを当てて90度で線を引いていっても、一周したときに線が合わないことがあるのを回避するためのテクニック。

こういうテクニックが、角材を使って棚を作るときにもあるんだろうなぁと。

棚板を受けるための桟はバカ棒つかうことで前後同じ位置にする、というテクニックを使ってはいるのだけど、そうやって作った棚の側板にあたる部分を2つ組み合わせるときにズレが生じるんだよなぁ。まあここについては何も考えずに乗せる板を基準にくっつけたら会うんじゃね、みたいな適当な接合の仕方してるからずれるのは当たり前なんだろうけどね。

言い訳すると、狭い作業小屋の中ではちょっとした大物つくるときに困るんだよなぁ。床も平面じゃないのでこれを基準に作業できないという悩みもある。

土間コンを均す

そういえば作業小屋の土間コンを平らにならすのもやりたい作業としてあったな・・・。グラインダー使って削って均そうかなと思ってるんだけど、粉塵対策がまるでないからどうしようかなとずっと保留になってる。

これまでは土間コンの上にものがありすぎてそもそも削る作業をする以前の問題だったのだが、だいぶ片付いてきたのでそろそろ削るのもできなくはない。

ただ、粉塵がなぁ・・・。やはり集塵アダプターをつけてサイクロン集塵機で吸い込みながらやるのが一番だろうな。ただこのためだけに集塵アダプターを買うのかという問題もある。多分この作業以外で使わないんだよなぁ。

コンクリをダイヤモンドカップ使って削るなんて、おそらく二度とやらないと思うから。でもまあ、木材を削ったりするときに使えなくもないのか・・・?

集塵のホースを横に持ちながら削ればいけるかなとか思わなくもないのだけど、絶対にひどいことになるのは目に見えている。作業後の木材の粉をほうきで掃き集めるだけでも粉塵が舞い上がってひどいことになってるのに。

電動かんながほしくなるな

廃材を利用するのに、そのままではあまりに汚いので表面をカンナで削った。黒ずんだ部分のみでも削ればまあまあきれいになる。

きれいになるが、手鉋できれいにするのはめちゃくちゃしんどい。数が多くなればなおさらだ。電動かんながあれば楽だろうに。

普通なら順目でかける鉋だが、今回はあえて逆目で削った。手っ取り早く黒ずんだ表面を剥ぎ取りたかったからである。それでも結構しんどかった。暑く狭い作業小屋で死にそうになりながらの鉋がけ。二度とやりたくない。

だからといって電動かんなは買わないだろうけれど。今この場にあったら使ってただろうなという話であって、たぶんそこまで使うことはないから。私が家具職人で大量に木工制作するというなら買っていただろうがね。

廃材片付ける

結局棚は廃材を積むのに使うことにした。

靴箱作る前に片付けとけって話なんだが、靴箱を作るのに廃材を使ったから片付けるスペースができた、とも言える。

まだ完全に廃材を一覧できる状態にはなってない。細かい端材はコンテナに放り込んであるので、こういうのは棚に置いても逆に散らばって良くない。

それでもこれまでダンボールの中に無造作に放り込まれていた端材が一覧できるようになったので、なんか作るときに使える・・・かもしれない。が、廃材を使って何かを作ろう、なんてことはそうそうあるもんじゃないので、あんまり意味はないのかもしれないなぁ。

まあ廃材がなくなれば工具を置くスペースとして使えるわけで、むしろそっちのほうがよいかもしれんわけで。

ともかく廃材が床に直置きされて近寄りがたくなるより絶対的に良い訳で、小屋が多少広く使えるようにはなったかな。

千年狐

以前に見かけて読んでみたいなぁと思っていたのだが、読んでみるとそうでもなかったなぁ。いや、最近マンガもめっきり読まなくなったから感性が衰えているのかもしれん。

わからんといって切り捨てるのは、老害化の始まりかもしれんしな・・・。

ご意見はこちらまで