筆文字かよ

万年筆のペン先に糸くずみたいなのが付着したせいで、各文字が妙な感じに太くなる時があり、まるで筆文字のようになった。これはこれで味があって良い。

インクの消費量が無駄に増えるが。

義務になってきたか

徐々に記録を伸ばすことが目的になってきつつあるのかもしれない。

AtCoderの問題を一日一問解くのが、勉強の為から記録を伸ばすためになっている気がする。結果的には同じことかもしれないけれど、手段が目的になってるとモチベーションが変わってくる。

徐々に問題が難しくなってくると、考えることより解くことを優先してしまう。どれだけ考えたところで答えがわからない問題はあるわけだが、今日中にとかないと記録が継続できないから解説見よう、とかになってしまってきているのである。

義務感を感じるせいか、やっててもめんどくさいという気持ちが強くなってきている。

シロアリかな

作業小屋の扉を久しぶりに開けたら、なんかアリが大量に徘徊していた。

その扉はそれまでは開閉して使っていたところだが、中を私が改良したときに閉めっぱなしにしたところである。レールも何もない状態の扉なので、開閉がめちゃくちゃ重くて使いづらいからだ。

敷居の木材が直に地面についているせいもあり、湿気からか以前にはなかった虫食い状態の穴ができていた。たぶんシロアリにやられたのであろう。

そしてそのシロアリを狙ってクロアリが侵攻していたのだと思われる。巣食っている感じは見受けられなかったので、単なる通り道になっていただけかもしれない。

閉めっぱなしもよくないなぁ。さりとて扉が重いので開閉しづらいしな。

いっそのこと敷居ごととっぱらって壁にしてしまうのがよいかもしれない。そもそも地面に直おきの敷居がよくないのだから。

この頃の長雨でおもいっきりしけっているしなぁ。どこかのタイミングで思い切って改装したいところではある。しかしそんなことをするなら、そもそもあの小屋自体を建て替えたい。よってそんな改装はしないということである。

現状の扉だけ壁にしてしまって、別途窓を取り付けるというのはありだとは思うけれど。というのも、小屋の中は熱気がこもってやってられないからである。しかし換気するなら反対側にも窓を設けないと意味がない気がする。反対側はトタンで覆われているので、そもそも窓どころではないが。

送風

エアコン切るときには送風にして30分運転してから停止させてる。

しかしこれ、意味あるんかいな?

送風したところで、カビ臭さはまったく変わらない。むしろ送風している間カビ臭い臭いが蔓延してどうなんだという気持ちである。

いっそのこと丸洗いすることを前提として、今シーズンは送風とか小細工せずに使うのがよいのではないか。カビが発生したところで、最終的に洗うのであれば一緒ではないだろうか。

単に冷房をかけているだけなら、そこまでカビ臭さに悩まされることはない。冷房中でもうっすらカビ臭さが気になるときはないこともないのだが、送風時に明らかに吐き出されるカビ臭い臭いに比べれば影響は軽微だ。

うん、どうせ丸洗いしようと思ってるし、送風はやめよう・・・。止める前に送風して、乾燥させるのがいいとか聞くけどね。すでにかび臭い状態なので、うちの場合は意味ない気がする。

ご意見はこちらまで