巻き肩

肩が、というよりは背中が、具体的には肩甲骨のあたりが痛くなった。巻き肩が極まってめちゃくちゃ痛くなる時があるのだ。

いつぞやは意識して肩を後ろに矯正して改善したが、やはり結構無理な姿勢になるので、背中の筋肉が痛くなくなったら忘れちゃうんだよなぁ。

猫背矯正ベルトをつけたらもっと楽に矯正できるだろうかと思ったけれど、それ以前に買って結局つけなくなったというのを思い出した。矯正ベルトつけてるのもやっぱりキツイし、脱着がめんどうくさくなって使わなくなったんだよね。

とりあえず今回はストレッチを試してみた。ちょっとやっただけだが、わりと効果がある。昨日から痛かったのがだいぶ楽になった。

もっと普段から姿勢に気をつけてればいいだけの話なんだが、それが結構難しいんだよなぁ。気づいたらなってるからな。

椅子に座って寝落ちしたときなんか、右肩が極端に前に出たような姿勢になってた。これが原因か。といっても、骨自体が歪んでるから、多分常に変な形に丸まってるんだと思うんだよね。

だからこそ定期的にストレッチしてほぐしてやるのがいいのかもしれないなぁ。

木の中にアリの巣

サルスベリの木を切ったら、切り口からありがわさーっと出てきてびっくりした。木の中に巣を作るんだなぁ。

あれはなんというアリなんだろうか。シロアリではなくてちょっと赤っぽいやや小ぶりのアリだったが。急に巣が壊されて警戒してるサインなのか、お尻をピンと逆立ててるやつがちらほらいたのが印象的。

巣の中に入り込んだおがくずを丁寧に外に持っていって捨ててた。入口付近まで持っていったら奥に引っ込んでいく横着者と、ちゃんと外まで運んで外に落とすしっかりものがいて面白かった。

調べてみるとサルスベリの木にはこうやってアリが巣を作るらしい。食い散らかすというよりは、もともと腐ってたり穴が開いてる部分に間借りするみたいな感じっぽい。食い荒らしてるというよりは、もともとあった穴を利用してるって感じだった。実際のところはしらんけど。

とはいえ、切り口からもさーっと湧き出してくるアリの大群にはちょっとひいたかもしれない。

チェーンソーオイル

木を切るのにチェーンソーのオイルを補給して使ってみた。AZのオールシーズンのやつだが・・・ちょっとしゃばいのだろうか。使った後チェーンソーがオイルまみれになってた。

チェーンの潤滑の面では問題ないんだけど、使用後にオイルでベタベタになりすぎなのも困る。オイルの出具合を絞ってみて様子を見るとするかなぁ。

幸いなことに、まだまだチェーンソーで伐採したい木はいっぱいあるのだ。幸いなのかどうなのかわからんが。

技能試験に向けて

変なこと考えずに、まずは普通に複線図を書くことから練習していこう。

書き方を工夫するとかは、普通に複線図がすらすら書けるようになってからの話だと思う。

タイムスイッチやらリレーやらパイロットランプといった、筆記では出てこなかった要素があるので普通に混乱する。三相の配線図とかわけわかめになるだろうしな。

本番ではさらに施工条件も加わるので、それも考えると実作業に割り当てられる時間ってほとんどないよなぁ。ほぼ迷いなく作り続けて間に合うかどうかってレベルだよなぁ。

改めて一通りの練習キットを買ったほうが良いのかもしれん。

ご意見はこちらまで