マイナンバーカード

既存のいろんなものと一体化させようという動きは、まあ仕方がないのかなぁとも思うが、簡単に置き換えられるかというと難しい。

免許証と一体化はまあそこまで抵抗はない。そもそも免許証は身分証明書のようなものだから。車を運転するためにマイナンバーカードを常に持ち歩く必要があるのはちょっと抵抗はあるかな。

健康保険証を一体化させるのは、おいちょっと待てと言いたい。保険証を受付時に預けてそのままって運用の病院がわりと多い気がするからだ。もっともマイナンバーカードと一体化されたらそんな運用する病院はなくなるだろうけれど。

しかしよく考えたら、それはそもそも保険証でもそんな運用がまかり通っているのがおかしいということか。

技能試験

筆記試験のときも同じように思ってた時期があったが、もうさっさと本番きてほしい。

あと1ヶ月ではあるのだが、その間地道に練習繰り返しても大きな効果がありそうな気がしない。もうあとはぶっつけ本番でいいやというお気持ちである。

余裕だからさっさとやりたい、というわけではない。むしろ1ヶ月も時間があるが、試験に向けて何をやればよいのかっていう感じなのである。1つ1つの作業練習をしたり、複線図を書いたりはやっているのだけど、これらの作業で劇的に技能試験にかかる時間の短縮に貢献できるかと言われると微妙としか思えないのである。

あとは完全に本番と同条件で一通りやるということくらいかなぁ。

でもそういった練習をしてなお、技能試験の40分の時間制限って短すぎると思うんだよね。しかも試験中に顔チェックとか入るわけでさ・・・。ほんま筆記試験と時間逆やろって思う。筆記に2hとるなら、技能はせめて1hとれよって思う。

木工

久しぶりに木工作業を行った。

刃物を研ぐときに砥石を一時避難させるためのすのこのようなものをこさえた。久しぶりすぎて木の方向を考えずに作ってしまった・・・。組み上げ終わってから板を上下逆にとりつけたことに気がついた。

久しぶりに丸鋸やらサンダーやらを使った。

その後は仕入れた小道具の錆取り・錆止め作業。ワイヤーブラシと紙やすりでサビを削り落とすよりは、錆取り剤を使ってサビ落としするほうが楽だったなぁ。

ご意見はこちらまで