温かい

暖かくて作業日よりでよい。日中20度くらいあると快適なんだよなぁ。

今日はのみを研ごうと思っていたが、その前にトレイルカメラスタンドを作成した。スタンドと言うか、単に木の棒を地面に刺さりやすいように先端を尖らせる加工をして、カメラを乗せる台をとりつけただけの簡素なものだが。

切り欠き加工して組み合わせた結果、カメラを乗せる台の部分が狭くなってしまったが、もともとバンドを利用して固定するつもりだったのでその点はまあいいかなと。

これで実際にやるかどうかはさておいて、畑にカメラを設置してイノシシの行動を観察する、みたいなことができる。

刃物研ぎ

刃物を研ぐ作業も数をこなしてコツを掴むのが大事なんだろうなぁ。

適度に力を抜くのが大事。思いっきり力をいれて砥石にこすりつけたところであまり良い結果にならない。むしろ変にぶれたりして悪い結果になる。

あとは研いでいる場所の確認の仕方もわかってきたかなぁ。ちゃんと刃先があたってますね、とか、そういうの。

ノミなんかは裏面を平らにすることが大事なんだけども、その平になってるかの確認の仕方もわかってきたような気がする。加減が難しいのだが、広い面積を砥石の上に載せてやるより、先端近くだけを載せて裏押しするのが大事。面積増やしても平面が出るまでの労力がかかるだけでいいことない。

あとは砥石の番目を適切に使い分けるのも大事だろうか。平面出すのに程遠いなと感じたら、さっさと諦めて荒い砥石に切り替えるとか、ダイヤモンド砥石で一気にやるとか、そういう使い分けが大事。えんえんと1000番でやればきれいになるわけではない。

ご意見はこちらまで