新型Macbook PROが発表された。TouchBarが目玉のように言われているが、個人的にはUSB-Cポートしか搭載されていないことが気になる。歓迎する人もいるのだろうけれども、私の環境ではあまりうれしくない。

おおっと思ったのは、値段が安くなっていることだろうか。旧モデルの。4万円くらい安くなっててそっちの方がインパクトがあった。

それでもやっぱり新モデルいいなぁとか思ってしまう。これは単に新しいもののほうがいいという心理からだろう。

現在使っているMacはMacbook Air、3年前のモデルだ。メモリ4GBでがんばっているので、旧モデルにしろ新モデルにしろ、スペック的には劇的な改善となるだろう。

新モデルに躊躇するのは先にあげたUSB-Cポートしかないことだろう。では旧モデルを買うのかというと、新モデルがあるのに型落ちを買うのかと、どうせ買うなら新しいものがいいという感情が邪魔をする。

ワクワク感で言えば、MacよりSurface Studioの方がすごい。冷静に考えれば、巨大な液タブの如きパソコンを買ったところで使わないのだけれど。そもそも既に液タブを持っているのだから、わざわざSurface Studioを買わなくてもいいとも言える。ただ、「なんかすごい、かっこいい」という純粋に「欲しい」と思う感情があるのはこっちなのだ。

Surface Studioに惹かれてから、別にMacにこだわらなくてもいいのではないかという気がし始めている。ついでにノートパソコンである必要もないのではないかとも。そうしたらiMacならメモリ32GB詰めるぞとか余計に迷走を始めてしまった。

こうやってなんか書いてたら何かまとまるかなと思ったけど、まったくまとまらなかった。とりあえず寝て改めて考えようなんて言ってたら、目当ての旧モデルがなくなったときに後悔しそう。

ご意見はこちらまで