筋トレをはじめてからそろそろ1年位たったのかなぁなんて思ったんだけど、どうもまだ8ヶ月くらいらしい。でも8ヶ月続いてるというのは我ながらすごいことだと思う。

筋トレと言っても、バーベル使って週に2回、1時間半くらいの運動をやっているだけである。始めた当初は1日おきくらいの頻度でやっていたのだけど、最近は筋力をつけるというよりは維持するためにやっている感じである。

始めたきっかけはこのまま体重が増え続けるとやばいという危機感からだった。体重が70kgを超えて、ズボンがぱっつんぱっつんできつく感じられたり、日常の動作で腹がつかえる感じがするようになったのがきっかけと言える。筋肉がすべてを解決するという~~頭の悪い~~素敵な本を読んだのが、筋トレに踏み切る直接のきっかけと言えるが、その根底はやっぱりこのまま体重増え続けるとやばいという危機感である。

筋トレ続けても当初は体重はなかなか減らなかった。8ヶ月たっった今でも67kgと、減ってはいるけれどもそんなに劇的には減っていない。ただ、体のキレというか、体力は確実についている。危機感を覚えた頃は、本当に運動らしい運動をしていなかったので、外を出歩くだけで息切れする、農作業の手伝いをすると死にかける1という状態だった。今ではそんなことにはならない。

食事制限については一切行っていないので、体重の減るスピードは遅いのだと思う。間食は普通にするし、甘いおやつ大好きである。そのため筋肉はついても体脂肪率はあまり変わってないように思う。うちの体重計の精度がどの程度正確なのかわからないが、20~24%のあたりをウロウロして変化がない。

腹筋を割りたい、割れたらいいなぁなんていう思いはあるけれども、そのために食事制限、間食を我慢するかというと私はしない。今くらいのゆるさが私にはちょうどよい。

そもそも私自身にはあまり筋トレをしているという意識はない。どちらかというと筋トレはおまけで、アニメを見るついでに運動している、そんな感覚である。そんな感覚であるというか、実際アニメを見るからついでに筋トレしているに過ぎない。AbemaTVなしにはここまで筋トレを続けることはなかっただろう。

世の中にはやったほうがいいとは思っているけどできないことがいっぱいある。主に思いつくのは「勉強」である。私で言えば、英語の勉強やりたいけどやらない問題がまさにそれ。まあこれの場合はうまいやり方が見つかっていないというのも理由にあるが、始めるにあたっての心理的抵抗が強いのが勉強に踏み出せない理由としてあると思う。

一度それが「習慣」になってしまえばどうってことはなくなるが、習慣レベルに溶け込むまでは違和感が出てしまう。それを乗り越えるには、一緒にやる仲間が必要だったり、何かやらなければならない強い動機(というよりは明日から海外生活ですみたいなやらざるを得ない状況の方が正しいか)が必要だろう。それがなければ、せめて楽しくないと続けられない。

その点、テレビを見ながら運動をするというのは非常に入りやすい入り口だと思う。私のようにアニメを見ながらでもいいし、ドラマを見ながらとかバラエティを見ながら筋トレするというのは有効な手段だと思う。ちょっと最近運動不足で・・・なんて悩んでいる人は、テレビを見ながらのながら運動から始めてみるのはいかがだろうか。


  1. ちょっと動いたら息切れで休憩をしないと動けなくなる、手伝っている時間より休憩のため突っ立っている時間のほうが多い、作業が終わると筋肉痛で翌日以降に響くなど。 

ご意見はこちらまで