Switch手に入ったら何を遊ぼうかな、マインクラフトとかいいかなとか妄想していたら、そういえば自分、PC版持ってるやんということを思い出して、1年ぶりくらいに起動してみた。たぶん1年位遊んでないはず。

バージョンが1.12になっていて、自分の知っているマインクラフトとは微妙に違う部分があって、新鮮味がある。例えばゲーム内でクラフト用のレシピが確認できたり、レシピからクラフトできるようになっている。きっとコンシュマー版から輸入されたんだろうなぁ。昔はWikiでレシピを調べて自力で並べるしかなかったので、この機能はとても便利だと思う。

昔は剣を装備すれば右クリックでガードができていたのだが、今はできなくなっている。代わりに盾が実装されていて、ガードはこっちでやるみたい。盾を使えばスケルトンの遠距離攻撃を完全ガードできる、とてもよい。昔はノックバックしながら近づくしかなかったので辛かった。

びっくりするくらい敵が強くなっていた。木の剣+防具なしでも余裕で戦えていたような気がするんだけど、今それをやるとまるで刃が立たなくて驚いた。敵から受けるダメージが洒落にならないし、攻撃を何回当てても倒せない。タイマン勝負ならなんとか勝てるかもしれないが、ゾンビの群れに為す術なくやられてしまった。全体的に敵が強いくて緊張感がある。

音もなく忍び寄って爆発する匠の殺傷能力は、若干落ちたのだろうか。さり気なく近寄ってきていきなり爆発するので、毎回びっくりするのは相変わらずなのだが、爆発で即死することはあまりない気がする。単に防具をつけているおかげなのかもしれないが。

今のところ、気づいたのはこんなところ。せっかくの浦島状態なので、情報を調べることなく自由に探検している。

私のマインクラフトの遊び方は、洞窟探検ゲームである。自然にできている洞窟を探し当てて探索していく。幸いなことに、今回のマップではリスポーン地点のすぐ近くに洞窟があって、潜ってみたら炭鉱や渓谷に繋がっていた。冒険しがいがあるというものだ。

真っ暗闇の洞窟内を、たいまつを置いて少しずつ開拓していく。ゾンビの「うぼぉあー」という不気味な声が聞こえてきておっかなびっくり進んでいくのが、下手なホラーゲームよりスリルがあって面白いと思う。渓谷などでの高所作業は、高所恐怖症の私にとっては結構くるものがある。そんなときに敵からの襲撃を受けるとマジでびっくりする。でもそんな適度なスリルが面白い。

ご意見はこちらまで