私はブログのコメント欄は不要だと思っている。

読者とコミュニケーションする必要が無いという意味では決してない。むしろ読んだ人の意見は欲しくてたまらないくらいだ。しかし、それをコメント欄でする必要はないと思っている。

というのも私が、ブログのコメント欄に対して「読者が著者とコミュニケーションを取る場所」というイメージを持っていないからだ。どちらかというと、コメントを書く人が自分の意見を広めるために使っているという印象を受ける。コメント欄=炎上という図式が私の中にあるせいだろう。

もちろんあらゆるコメントがそうだとは思ってはいない。有用なコメントだってあるし、建設的な議論が行われている場もあるだろう。

しかし著者に意見を伝えるのであれば、コメント欄で公開される必要性はないと思う。

コメント欄でディスカッションが行われているのであれば公開される価値があるだろう。しかし、個人のブログできちんとそれが行われるのかどうか私は怪しいと思っている。

そもそもコメントを書いた人が、コメントを書いた記事を定期的に巡回してチェックするのか(=著者からの返信があったかどうかを確認するのか)という問題がある。私ならコメントを書いた時点で忘れる。

そういうスタンスで、私は自分のブログにはコメント欄を設けずに、代わりにメールフォームを用意しているわけだ。

ご意見はこちらまで