小学生が危ない!LINEスタンプ詐欺の実態「有料スタンプあげます」というワナという記事を読んだ。

アプリをインストールさせるなどしてアフィリエイトで金儲けをするため、有料のスタンプあげるよと小学生を釣っているのだという。

○○あげるから△△インストールしてよ、という話は何もLINEスタンプに限った話ではない。よくある話だ。基本的にこういう話には近づかないようにするべきだ。

大体がタダであげると提示されていたものが手に入らないか、よしんば手に入ったとしても現金の代わりに失うものが多いことを忘れてはいけない。そういう場合、現金の代わりに個人情報を切り売りしていると考えたほうが良い。

私自身は「アンケートにご協力ください」というのも穿って見てしまうほどひねくれているので、そもそもこういう話には近づかない。

私は近づかないが、では自分の家族、親戚がこういう話に手を出していたらどうだろうか。この記事のように、子供が手を出していたとして、それをどう啓蒙していけばいいのだろう。そこが難しい。

啓蒙以前に、こういうことに手を出しているかどうか、どうやって気づけばいいのだろうか。

小学生がスマホを使うなんて早いんだというのは、問題の先送りでしかない。大人だって引っかかる人はひっかかるだろう。だからむしろ小さい時から触れさせてちゃんと危険性について教育しておくことの方が重要だと思う。

ではどうやって教育するのかというのが難しい。スマホを与えておしまいでは駄目だし、こういった記事を目にしたようなタイミングで「危ないから気をつけろよ」というだけでは足りないだろう。じゃあ常に監視するのかというとそれも難しいし、それはそれで教育上逆によくない気もする。

どうしたらいいかは分からないけれども、とりあえず、子供が「有料スタンプ欲しい!」と言ったら、「よっしゃ、じゃあ一緒に作ろうぜ」と言えるような親になりたいなと思った。子供いないけれどもね。

ご意見はこちらまで