Live2Dは2次元のイラストを動かせるという面白いツールで、個人であれば無料でためしてみることが出来る。

ただこのツール、簡単そうでいてやっぱり難しい。私は全体像がよく分からなくて難しいなあという第一印象を抱いていた。それでもとりあえずやってみようと思って、公式マニュアルのテンプレート適用にのっとって作ってみたのがこちら。

長いこと間を空けて次に作ったのがこちら。

2作目を作って、ようやく全体像というか、それぞれのツールで何をやってるのか・何をやればいいのかが把握できた気がする。

最初はテンプレート適用からとりあえずLive2Dを試してみるのがおすすめだ。ややこしい部分もあって戸惑うこともある。しかしそんな苦労も自分の描いたキャラクターが動いた瞬間に吹っ飛ぶ。これは間違いないと思う。

テンプレートの適用をすれば、細かいパーツの微調整が必要にはなるものの、それだけでキャラクターが動いたり笑ったりするのである。公開されているモデルを使って動画を作ったりするのも楽しいだろうけれども、やっぱり自分で描いたキャラクターが動く瞬間は格別だ。

ご意見はこちらまで