Kotlin Heroes

っていうプログラミングコンテストがあってな。前回も参加したんやけども、今回もやってみた。

やっぱな、2時くらい超えてくるともう脳みそが死んでるんよ・・・。前回とは違って焦りはなかったけれど、やっぱなぁ。アルゴリズムの知識とかないから力技で解いてるんよね。ほんで、エッジケースとかで引っかかったりするとどうしようもなくなるんよね・・・。

前回に比べると時間に追われて焦ってあわわ・・・ってのはなかったんやけども。ちょっとのんびりしすぎたんかなぁ。というかそもそもね、問題文を理解する時点で結構時間がかかるんでね、出題が英語やから。aのi番目とか数式チックなやつらが出てきて、1回目は焦ってた記憶がある。今回はそうでもない。もう脳みその容量足らん言うの分かってたから、最初っから紙に書き出してやったわ。

あとはコードの手元でのテストの方法が分かってたから、それで例題のインプットから想定される答えが出るかちゃんとチェックしてから提出できてたいうのも進歩といえば進歩。standard input/outputを使ったプログラムのテスト方法をなんか用意するなり調べておきたいって思ってたんやけど、思ったままで2回目を迎えたな。いやあ、コンテストあるの知ったの今日やったからな。

まあ俺の場合、英語の読解力の問題と、競技プログラミングに対する知識・アルゴリズム的な思考力的な能力の問題で躓いてる感じ。今回は最初の2問はええ感じに突破できたけども、3問目でエッジケースに引っかかり、諦めて次の問題に挑戦してたら時間切れやったわ。もうね、2時過ぎた辺りからホゲーっとしだすから、コンディション的に辛い。

それでも前回に比べたら参加者増えてるなぁ。僕の結果は真ん中くらいです、はい。

たまにこうして頭の体操的に参加するのはええと思うんやけど、毎回は辛いわ。やっぱやるならAtCoderとかの方が日本時間に合わせて開催されるからええんやろうね。

まあ結果はついてきてないけど、前回より充実感はあるきがする。ブランクがある割にはね。

けどなあ、やっぱ基礎的なところがないからなぁ。スマートな解法でできる問題もあれば、めっちゃ場合分けして力技で解いてるやつもあるんよね。そういうのがエッジケースに引っかかるんやけども。アルゴリズムを知らんから力技しか解法が思いつかんってのが俺の限界よね。

ていうか、今日返さなあかん本があるのに読めてない・・・小説やから余裕やろとか思ってたけども。明日は午前中グロッキーやろうから、それから2hくらいで読んで返して・・・って感じか。先が思いやられるわ。

朝起きて

なんか寝る前にやった問題気になるからと思って提出してみたわ。スコアには影響ないけどうけつけてくれるからな。時間切れになった後少しだけ修正してこれなら通ったんちゃうかなぁって思ってたのを提出してみたが、テストケース5で落ちたわ。やはりエッジケースで落ちるなぁ。

ああ、コンテスト終了後はどんなケースで落ちてるか見せてくれるんか。見せてくれてるんはありがたいけど、寝起きの頭では考えられへんで・・・。ていうか、今は本読むのを優先させな。今日返さんといかんからな。

ただまあ、4問目はなかなかいけてる解法やと思ったんやけどなぁ・・・少なくとも3問目みたいな無理やり回答ではなかったんやけども。

頭がボケーッとしとる言いつつ気になるから見てるけど、なんで落ちてるんか分からん・・・問題文を読み間違えてるんやろか。その可能性がでかい気はするけども、それやったら4問目までなんで通ってんねん言う話やしな。

あまええわ、気が向いたらまたやるわ・・・。せやからはよ本読めて。まだ4分の1くらいしか読めてないんやから。

相変わらずスズメバチは懲りない

まあ飽きもせんと激取れくんに吸い寄せられてくるわ・・・ただ一時期のえらい勢いほどではなくなったかなぁ。ということはワーカーを確実に減らせてるってことよな。スズメバチに脅される機会が減るんわええことや。スズメバチには悪いけれども。スズメバチだってがんばって生きてるんです、それはわかりますがやっぱ分かり合えないです。

スズメバチがゴキブリを食べるいうんやったら、もうちょっと扱いは変わるけれども、それ以前にこっちに危険が及ぶからな・・・これは仕方がないねん、生存をかけたお互いの戦いやねんから。予備としてまた激取れくん買っておかんとなぁ。

リクライニング読書最高

めっちゃ捗る。使いみちに若干困ってたカラーボックスがちょうど足置きにいい感じなのもええわ。ちょう捗る。リクライニングしたときの肘置きが若干気にはなるけども。読書に集中できてええ感じやわ。電子書籍読むときもええ感じなんやろか。少なくとも紙の書籍はええ感じで読めるわ。メモとか必要なやつはむりやけど。

あと、リクライニング戻したときも背中に当てるクッションがあるおかげで、普通に体起こしたり、普通の椅子で作業するのに比べると姿勢が楽いうんも結構ポイント高いな。まあ組み立て精度最悪やったから万人にはおすすめできませんが。お値段なりの仕事はしてまっせ、この椅子。

読めた

何読んでたかって? 響けユーフォニアムや。リクライニングのおかげですっと読めたわ。というか、すっと読める本やけどね、そもそもが。

図書館でかりんと買って読めって? 5000兆円あったらやっとるわい。

響けユーフォニアムはなぁ、京アニのアニメではじめて知ってん。なんやこれ、やばい、おもろいって。原作も読みたいけど、原作読むとアニメの先が見えてしまってダメやろって思って、アニメが全部終わるまで待ってから原作読んだんよね。我ながらよく我慢したわ。

それ以降は先に原作、あとからアニメになったわ。やっぱね、原作先に読んでるとアニメの見方が変わるんよね。そこを端折るんかとか、そういう目線で見てしまうんよ。というか、ユーフォは1期はすごい好きだけど、2期はそれほどでも・・・て感じるんよね。そもそも原作の時間軸が、1期に相当する1巻がゆったりしてるから、それを存分にアニメで発揮されたって感じ。あ、ちなみにね、劇場版だとサンフェスのライディーンがフルバージョンで見れるんで、めっちゃお勧めやで。あのライディーン超好き。マーチングのシーンと合っててすげえかっこええよな。コンクールの演奏もすげえって思うけど、ユーフォニアムのアニメで一番好きな演奏っていったら、やっぱサンフェスのライディーンが好きやわ。映像パワーと音楽のちからが合わさって最強に見える。

2期が微妙やなって思うのは、単純に原作2巻分をやってるから詰め込みすぎって感じるからやと思う。そもそも原作自体が詰め込みすぎてる感があったから。そういう意味ではね、こちらは劇場版が絶対にお勧め。というか、原作だとよく分からなかったんよね、あすか先輩が。それをあすか先輩目線でしっかりとまとめ上げた劇場版第2作は、すごいええと思う。原作でのあすか先輩って俺にとっては全然良くわからんくて、なんか暗躍してる策士なんかなっていう感じなんやけどね。劇場版見て「あああ!」ってなんか点と点が1つにつながった感じがしたんよね。ああそうかって。それぞれバラバラだった俺の中のあすか像が筋が通って見えてね。さすが京アニってなったわ。

これね、何が感動したって冒頭のシーンなんよ。ああ、そうまとめるんかって。もう冒頭のシーン見ただけで、ああそういうことかってピーンって線が一本通ってね。冒頭のシーンだけでちょっとうるってきたもん。そしてその方向性でまとめてくれたんやなって。すげえ良かった。

原作は原作でええんやけどね、やっぱ久美子が主役やん。ほんでコンクールにむかって練習して、コンクールで結果出して次へ行くっていうのがやっぱりメインの流れやんか。そこにトラブルが舞い込んでそれを乗り越えてコンクールに臨むっていうのが話の流れやから、やっぱ読んでる自分としては話がブレるんよね。特に原作2巻ではのぞみ・みぞれコンビの話、3巻ではあすかの退部騒動と、アニメ2期でやるとどうしても焦点がブレるんよ。

それをあすかという一本の筋でまとめ上げた届けたいメロディは、めっちゃええで。劇場版第1作は、アニメ1期見たほうがええと思う。どうしても端折られてまってるから。劇場版1作のええところは、サンフェスのライディーンがフルで聞けてめっちゃかっこええっていうのと、2期につなげるためのみぞれがちらほら画面に出てくるってくらいじゃないかなって思う。1期についてはTV版が最高なんでね、見たことないってひとは是非どうぞ。10.5話になるんだったか、走り出すモナカだったかな、番外編もあってええよ。走り出すだったかはちょっとうろ覚えなんやけども。

まあそもそもね、ユーフォは中川パイセンがマジツボなんです。最初超やる気なさげな感じなのに、久美子が一緒にやりませんかって言ったら素直についてきて、そのままほいほいなつく感じが最高に・・・いや、俺の趣味はどうでもええわ。

響けユーフォニアムのアニメは中川先輩のためだけに見ていると言っても過言かもしれない。もうキャラデザの人最高の仕事しすぎやし、演出も良すぎやでって感じ。やる気なくイヤホンつけて窓辺でぐだーってしてるところから、眠そうな目で「いいよ」って言うところとかさ、いいよだったかはまあうろ覚えやけどさ。なんなんこの子猫はみたいな感じでハートを射抜かれたね。以降ことあるごとにちょいちょい久美子と絡むシーンが増えてきてね。

オーディションの後に久美子呼び出して話すシーンなんかも超好き。夏紀パイセンまじイケメン。ていうかアニメのユーフォにハマったのって演奏とか演出とかよりも、中川夏紀に恋したからやと思うわ。恋したは言いすぎやし気持ち悪いけど、あのシーンにハートを射抜かれて見続けたのは間違いない。そして中川パイセンの扱いはアニメでは最高なんでね。原作もすげー重要なキャラなのは変わらんけど、オーディションのときだったか画面外からひょこひょこ走ってフレームアウトして、吉川に不意打ち食らわせるシーンとか、めっちゃいいキャラしてますよ、中川先輩。

そしてなぁ・・・なんかもう話がめっちゃそれてきてるけども、なんで京アニあんなことになったんってすげーショックよな。俺に5000兆円あれば、原作買ってBlu-ray box買って、さらに寄付してってめっちゃやったれるのになぁ・・・自分の生活で手一杯やからな、堪忍しとくれ。代わりになんかようしらんけどたまってるTポイントを寄付に回してるんでな、それで堪忍しとくれやす。

でもな、寄付しても失われたひとは返ってこんからな・・・なんで被害者掘り下げるのに容疑者掘り下げへんねんっていう気持ちでいっぱいやでNHKとかのマスゴミども。いやいかん、美しいユーフォの話題をマスゴミで締めるとかありえへんわ。

個人的にお勧めはアニメ1期のBox、夏紀先輩がちょうイケメンです。TV版見てサンフェスのライディーンが超かっけえ、絶対フルで聞きたい・見たいってひとは、まあ劇場版買ってもええんちゃいますか。TV版を見てからやといろりろ大事なところが削られてる分、ちょっと微妙に感じるけどな。

TV2期はまあお好みでどうぞ。2期も悪くないけど、1期ほどリピートして見ようという気には俺はなれんかった。そもそもあんまりのぞみ・みぞれの話好きじゃないんでな・・・、すまんな。その代わり、劇場版第2作の届けたいメロディは、あすかというキャラクターがしっかりと分かるように一本筋通して作られてるからお勧めやで。

そういえばユーフォは続編も作る予定やったんやったっけ? どうなるんやろか・・・。原作で読んでるけど、やっぱ京アニが再編成したユーフォも見たいよね。見たいのに・・・。アニメーターさんがあの技術を会得するまでどれだけの時間かけたと思っとんねん。ほんまありえへんわ。

まあ嘆いてもしゃーない。俺はこれからもTポイントがなんかたまってたら寄付するだけや・・・。

Android10のジェスチャーナビゲーション

Essential PhoneをAndroid10にアップデートしてんけど、ジェスチャーナビゲーションとやらはどないなったんやとか思ってたら、設定で自分で変えないと有効にならんのか。まあ当たり前か。

ちょっとジェスチャーナビゲーション使ってみてるけど、やっぱ左下のバックボタン押したくなる時があるなぁ。というかしばらくは無意識で押してまうわ。ホームボタンのあった場所とかな。なんか戻りたいのに余計な画面開いてもうてカオスになるな。慣れるまでしばらく掛かりそう。

というか、べつにこれボタン拡散でもよくないかというのは保守的思考か。なんかAndroidの流儀を消してまで画面でかくみせたいんかなぁ。老害乙な意見ですかね?

図書館

図書館に本返しに行かんといかんのだが、暑い。誰だよ昼から雨降るかもとかいってたやつ。くっそ晴れすぎで超暑いわ。寝不足だから寝落ちしてたけど、クーラーかけずによく寝落ちできるなって感じやわ。

というか出かけるのにいちいち着替えるのがめんどいな・・・もうええか、この格好で。どうせ田舎やし。まあこんなこと書いとる前にはよいけや言う話やな・・・。

引き出しが欲しい・・・きがするが

やっぱ引き出しほしいなぁ・・・。でも引き出しつけると足伸ばしたときに絶対当たるよな。書類ケースを小物文房具入れとして使うべく、もう1つ追加で購入するほうがええかもな。メタルラックの配置でどうなるか分からんけれど。

というかですね、やっぱりこのBauhutteの机、足のフレーム後ろにあるこのなぞカバー、めっちゃ邪魔。天板の高さに合わせて板を敷くことで、擬似的に奥行きを増やして物を起きやすくするってのが現実的な解な気がするな。ちょうどええ厚み、幅の板があればええけどな。端材はいっぱいあるけど、板となると微妙なところやで。厚みの調整なんかは丸のこじゃできんやろうしなぁ。削るいうても、グラインダーで? ってなるしな。

大体厚み3.5cmくらいか・・・ええ感じの板があればええけどなぁ。そしたらここに書類入れとかも置けそうやし、だいぶ収納度あがるで。

モールがひっかかるやんけ

部屋の扉の下に微妙に隙間があってな。1cmくらい。それくらい隙間があるからここにモール配置して電話線とかLANケーブル這わせたろって思ってたんやけどな、ドアのロック機構の部分だけ微妙に狭くなってて引っかかるやんけ。なんやのこれ・・・。

あれよ、扉が風とかで勝手にばたんて閉まらんようにロックするためのやつ。けどな、これあんまり使ってないんよな・・・ほんまいらんところで無駄な気遣いだけするリフォーム会社やなぁ。

モールを配置してしまうと引っかかるんやけど、閉まらんことはない、無理やりやれば通るからな。高さ85mmのモールやから、このドアストッパーの部分だけそれよりちょい低いんやろな。どうにかして調整できんかやってみるか・・・。それともドアストッパーの通る部分だけモール切るか? それやとモール使う意味ないしなぁ。メタルラックのくる辺りまではカバーつけておきたいし。やっぱドアストッパー破壊するかもうちょっと上に上げるかする方向で調整しよか。無駄になんかマグネット方式のドアストッパーやねんけど、ほんま要るところの気遣いないくせに、こういう無駄なことはしよるな・・・。

まあどうにかしたら分解できるでしょ。部屋のドアノブに鍵取り付ける作業のときにでもやろ。というか今やるか。

なんか脱線してドアノブの鍵の取り付けやってしまった。部品だけは調達してもらっておいて、工賃1万とられるからそれやったら自分でやるわいいうて放置してた案件ですわ。え、でも32mmの穴あけないといけないんですけど・・・とか言われたけど、そんなん工具あったらできるやろがい。まあええ感じにつけれましたよ。無事にね。施行説明書の寸法と微妙に違ってなんやねんって思ってたけど、メインとなる箇所の寸法だけ抑えて後はえいやでやったった。うまいこと付きましたわ。微妙に穴開けた後の表面の剥がれが見えちゃってるけど。別にええねん。

ほんで本題のドアストッパーやけども、こっちも調整したったわ。なんやわしは内装屋にでもなったんかいって感じやけども、割と本気で事業としてやろうかなとか思ってる節があるのでね。まあ素人に毛が生えたようなレベルやから時間とか完成度とかあれやけどな。本職にはかなわんけど。

ていうかドアストッパーの調整ちゃんとやっとけやって作業しながら思ったわ。なんでこんなに近づけとんねん、ギリギリでもちゃんと動くやないかい。ていうかドア下の隙間1cmも開いてるのって普通なん? なんかもうここの調整もミスってんちゃうのかと疑いたくなってくるわ。まあ1cm開いてるおかげでモールがとりつけられるんやけどな。

最近動画サイトすら見てない

最近テレビもみてないけど、動画サイトも見てないなぁ。いっつもAbemaTVとかニコニコ動画とか見てたんやけど、最近そんな見てる暇がないっていうのもあるけど、いうてもまったく見なくなったなぁ。RTDとかどうなったんかな。

ご意見はこちらまで