研ぎ作業

宣言どおりに研ぎ作業やったわけさ。起きたのは10時ちょい前やったけども。まあギリギリ午前中やろってことでな、研ぎ作業ですわ。

グラインダ使って欠けた刃をささっと直すくらいはまあ速攻でしたが、ノミのかつら落としとか研ぎとなるとこれがねえ。思いの外時間かかる。

別に大工になりたいわけやないんやけど、古い道具があってメンテしたら使えそうかなって感じやからちょいメンテしようかって感じなんよね。だからといって研ぐためにいろいろ道具を用意するのはもう完全に俺の趣味ですが。

ほんでまあ研ぎ始めようかってなったんやけども、ノミとかカンナって裏押し作業があるんやわ。刃の裏側の真っ平らになってるところを真っ平らにするっていう作業。これがかなり大変。普段メンテしてある道具とか新品とかやったらちゃんと裏も出てるんやろうけど、何年もほったらかしにされてたやつやから、裏面なんかまったく平らじゃないのよね。ほんで金盤使って平面出そうとするんやけど、これがまったく進まない。途中からはダイヤモンド砥石で一気にゴリゴリやりだしたけど、それでも平面きっちりは出てないなぁ。

裏押しした後にほんまは研ぎに入るんやけども、その時間はないなと思って裏押しだけで作業を切り上げた。この辺りの柔軟性を持てたことを俺は褒めてやるべきなんやろな。撤退すべきところは撤退やで。

しかし研ぐ作業、砥石の準備とかいろいろあって結構準備時間がいるなあこれ。全ては作業場所がないせいなんやけどな。いろいろ汚れるから専用の作業場か室外でやりたいけども、そんな場所ないからなぁ。

まあ今回の反省点は、研ぐ作業の段階になってどんな作業が要るんかいうのを調べたのがそもそもの間違いやな。自分ではタスクを分解したつもりになってたけど、具体的にどんな作業が発生するのか予め調べてたらもうちょっとちゃんとした見積もりができてたやろうな。研ぐって決めたんやったら、研ぐのにどんな作業が要るかとか予め調べなあかんわ。

ちなみになんで研ぎの作業を選んだかと言うと、刃物を研いでたらそれに集中するから雑念が湧いてこんかなぁとか思ったんやけど、雑念わきまくったわ。全然刃の裏の平面が出ないから、俺の煩悩と言うか呪いがムクムク湧き出してきてな、身体は一心不乱に刃先を金盤に押し付けてるのに、頭の中は呪いが渦巻くという感じ。あまりに頭を使わない作業もあかんみたいやわ。調整が難しいなぁ。

そして頭だけ使うと寝落ちする

なんかいろいろ考えてたらそのまま寝落ちしとったな。まあ疲れもあるんかもしれん。寝床に入るのは日付が変わる前でも、そこからゲームやってて寝たのは2時半やからな。ただまあやっぱ寝すぎはそれはそれでダメやわ。ぱっと起きてなんかやらんと。

そういう意味では次の日やること決めてから寝るのはええ方法屋と思うわ。これは続けましょ。

しないといって結局やっちまった

仕事なぁ・・・やっぱやっちゃうよね。別に俺がいなくても回るんだけどさぁ・・・。

何やってても呪いが湧き出る

洗い物してても呪いが湧き出るよ。

ゲームに集中してるときくらいがいい感じかもしれんぞ。呪いが湧いてこないという意味で。

呪いが湧き出るってことはテンションマイナスモードなんだよな。俺なんか生きててもしゃあねえみたいな感じ。生きててもしゃあねえはいつも思ってるかもしれんけど、なんで俺だけみたいな不公平感感じてるのは大きいよなあ。そしてその不公平感は理解されないって思ってるから解消しないってね。

んで「普通」の生活はもう俺には無理だろうし、じゃあ普通じゃない生き方できるかって言われるとそれも難しいしってんで、あんまり未来に希望を持ってないんだよね。なんで生きてんだろうね。

こう書いていくと更に凹んでいくからもう止めとこ。はよ寝ろはよ寝ろ。

明日やること

これは考えとかんとな。昨日の立てたスケジュールは穴が大きすぎて、始めたはいいが見積もりが甘くて全然終わらなかったっていう反省点があるからな。もうちょっと見積もっていこうぜ。

ほんまはもっと長期的な見積もりであれこれできたらええんやけども、そこまで考え出すとフリーズするからな。明日に集中よ。明日できることだけ考える。

とりあえず単純な作業系だけだと呪いが湧いてくる可能性があるというのは理解した。ほどよく頭を使う作業がええっていうことやな。いや、刃物研ぎはええ作業やと思うんやけど、裏押しがあまりに変化なさすぎて駄目やったんやわ・・・。最初っからダイヤモンド砥石である程度平面出すようにしてたらもうちょっと違ったかもしれん。

まあともかく、長らく放っておいたコンクリの補修作業しようかな。作業量的には10時くらいに起き出してからでも昼までに片付くはず。補修する箇所が少ないからな。

後は頭使う作業もやっぱりいるわ。ちょうど図書館から借りてきてるパーフェクトPythonあるからこれやろか。やろかだけやとダメやから、ざっと目次を見て回ったが・・・うーん、Part2の言語仕様までやりたいがどうかな。Part1の概要はいけるやろ。なんちゃってポモドーロでやっていこ。Part2までいけたら上出来というなんか曖昧な目標やけども、これは実際気分が乗るかによってくるしな。とりあえず、椅子に座ってパーフェクトPython開いてタイマーオンにしてPart1から読み始めよか。多分パソコン開くと気が散るからMacはどっかおいとこ。まあ机の上がMacに占領されてて本開くどころじゃないからな。

若干の罪悪感

あとなんか微妙に若干の罪悪感を感じてるんよなぁ。モノタロウでケチくさいことやったからかな。

Kyashでもまためんどいことになるからなぁ・・・予め情報を渡しといたほうがええかもしれん。いうても返品が受け付けられるかいうところで罪悪感を感じてるからな。

まあ普通はこんなケチくさいことせんけど、返品するものがあったからなぁ。買ったばかりですぐ値段安く売られてるの見たら、そっちのがええやんってなるやんか。ケチくさいなほんま。

全ては勘違いからデカブツを買ってしまったことにある・・・でかい箱があるから、どうせならあれもこれも返品しよってなってしもうたんよなぁ。世話になってるけど、制度は使わせてもらうで言う感じで。こういう使い方してるからモノタロウも返品に若干厳しくなったんやろなぁ。いつのまにか大阪魂はモノタロウブランドから外れてるし。外れてるしというか1年返品保証からは外れてるって意味な。

まあ考えてもしゃあない、やってもうたというか申し込んでもうたもんは取り消せへんしな。いや、返品は取り消せるか。でも代わりの特価品買ってもうたしな。

PCリサイクルマーク

マークと言うかシールか、Surface PRO2の箱をほかしたときになんか出てきた。最悪これで無料回収してもらえるということか。さすがに外装ボロボロすぎるからジャンクとしても売れそうにねえしな。

しかしPCの外側から認識できる場所って難易度高えなぁ。スタンドの裏でも大丈夫かいな。背面にはカバーシールをつけてるからこの上から貼ったらあかんやろうしなぁ。正面に貼るのはこれもないしなぁ。まあ、ええか。貼るのは実際に回収してもらうときにしよう。

予定としてはざっくりすぎるか

コンクリの補修と本読んでお勉強やろ。ざっくりし過ぎかなぁ。これくらいでええというかこれくらいしかできんのちゃうかなっていうのがあるからなぁ。

ただ、あまりにスカスカな予定を組むと、時間が余ったときにどないしよってなるからなぁ。まあどないしよって部屋の片付けすればええだけなんやけどな。空き箱の整理ができてないからな。それをしたらええ。

モノタロウのカタログも結局見れてないし、そういうの処理したらええ。予備タスクはあるからそれをしたらええけど、それも予定に入れといたほうがええんかな。まあ明日実際に手持ち無沙汰な時間ができるかによるけど、そんときに迷うようやったら予備タスクも入れといたほうがええな。

ただ、予備タスク入れすぎると、こんなにタスクあるのに消化できんかった・・・って落ち込む要因になりかねんから、とりあえず今回はこれで様子見しよう。

ご意見はこちらまで