ソーホース作りたい

充電式の丸ノコを手に入れたので、さらに活用するべくソーホースがほしい。2×4材を買って作ろうと思っているのだが、作っても置く場所がないのが困りもの。作業台だから別に汚れるのが嫌だとは言わんが、かといって野ざらしにするのは何かなぁ。長さ90cmくらいを考えているので、屋根付きの場所におけそうなとこがないんだよなぁ。

悩ましいといえばどうやって作るのかも悩ましい。一番かんたんなのはソーホースブラケットを買ってきて使うことだが、あれ高いよなぁ。高いくせにソーホースにするなら2セット買わないと行けないのがまた憎らしい。なぜ4個セットで売ってないのか。ソーホースを標榜するなら4個いるやろ。

2×4材だけ買ってきて組み合わせて作れないかとも思うのだが、どうなんだろうなぁ。やってみてもいいんだけど、置く場所がないっていう問題がでかくて踏み出せん。

作業台に困っているわけではないので、別に急いでほしいわけではないんだけども・・・。やはり収納の問題がでかいなぁ。専用の作業小屋がほしい。

習ったことしか使ってはいけないの弊害

たまに論争になってるけど、授業で習ってないんだから使ってはいけないとかいうやつね。漢字でもなんでもいいんだけど。あれって害悪でしかないんだよなぁ。

私自身はそういった教育の被害を受けた記憶はないんだけど、でもやっぱりなんかどこかで枷をはめられてるというか、自分で檻に入っていることがあるんだよね。これは使っちゃダメだよなぁとか考えちゃってるわけ。

どんなときにって、競技プログラミングするときなんかに出てくるんだよね、これが。いや、やってるときには気づかないんだけど、なんか自分で思考に枷かけてて柔軟に発想できないと言うかね。これは使っちゃダメなんだよなとか、そういうこと考えちゃう。別に何をどうやろうが解けりゃいいわけで、何してもいいはずなのに枠を破れない。というのに今ふと思い至ってね。

そういやこれって、授業で習ってないことは使ってはいけませんっていう話の影響もあるのかなぁとかふと思ったのであった。

ちなみに私の小学校での最初の枷は、算数のテストのときにおはじき使って答え合わせをしだしたのを止められたのが一番古い記憶だなぁ。たぶんこれ、小学1年生の頃の記憶だよ。その頃の僕は純粋でした。

log

競技プログラミングのはなししたからというわけではないんだが、O(logn)ってあるじゃん、あのlogってなんなのってところで私は躓く。

躓くんだけど、なんかようやく意味分かったかもしれない。いや、言葉で説明できんから理解できてないかも。

底はなんかどうでもいいというか無視できるらしいんだけど、ともかく何かの数をx乗したらnになるx回で解けるってことだな。対数でいいのか、次数はともかく小さくてすむからnが増えても計算量がそんなに増えないってことだな。うん。他の人にこれで説明が伝わるかは知らんが、俺の中ではこれまでよりは腑に落ちたわ。

https://qiita.com/drken/items/872ebc3a2b5caaa4a0d0

改めてこの記事読んだが、ループのたびに計算量が半分になるようなアルゴリズムがO(logn)なわけだな。なるほど。O(nlogn)もなんのこっちゃって思ってたけど、ループの度に半分になるアルゴリズム+もう一回n回のループが走るアルゴリズムのことか。なるほど。

ご意見はこちらまで