暖冬らしいけど

寒いものは寒い。Macの筐体が冷たくて辛い。手に冷たさがしみるぜ・・・。

ホースコネクタ

マキタに問い合わせてみたけどそんなものはないということだった。まあ当たり前だわな。普通そんな使い方しないもん。ハンディクリーナーを電動工具の集塵機として使うとかね、想定外の使い方でしょうよ。

ただまあ、マキタに限らないけど、ホースの口径とか接続口の口径とかみんなバラバラすぎんよ。もうちょっと統一感をもたせられないもんかね・・・。

で、そんな返答は想定内だったので、作戦その2を実行。口径の近い水道管パイプの継ぎ手を使って変換してみよう作戦。スポスポだと意味がないので、そのままじゃはまらないやつを削って使うことにしてみる。25×20の継ぎ手がその要件を満たしたのでさっそく買ってきて削る。

この削る作業がかなり大変。とにかく削りカスがすごい出るしね。最初は手でヤスリかけて削ろうとしたんだが、あまりに時間がかかりすぎるのでリューター使って電動パワーで削ることにした。それでもけっこう大変だったけども。とりあえずいい感じにできあがったので、後は実際に試して見るだけだな。

これで何を見たいかって言うと、集塵機をつないだらどれくらい後片付けが楽になるかが知りたいのよね。たぶん集塵機を使っても粉塵とか切り屑とかは出ると思うんで、それがどの程度なのかってのが知りたい。それがわからずに背負式の集塵機買うのはちょっとはばかられるものがある。買ってみたけど思ったより掃除の手間変わらないってなったら、それこそ意味ないからね。

そういう意味でクリーナー使って試してみたいわけなのさ。別に集塵用に買ったわけじゃないけど、たまたま一緒に買ったフレキシブルホースがちょうどいい感じに電動工具側に接続できたので、これを利用して試してみたいってだけですわ。ただ、普通の接続方法とは逆だったから、TS継ぎ手使って変換コネクタを自作しましたってだけね。

継ぎ手自体は50円とかそんなもんだから、加工する手段があればやってみるのは手だと思う。まあフレキシブルホース使って電動工具につなごうなんていう考えの人が他にいるとは思えないけどね。

ケチりどころ

電動工具は高くてもスパッと買うのに、ノミは高いなぁとかそんなことを考えてしまう。価格だけを見たらどう考えても電動工具のほうが高いんだけどね。

ふとなんでそう考えるのかと思って考えてみた。何が違うのか。1つは持ってるか持ってないかの違いではないだろうか。

ノミは一応ある。刃先がだいぶだめになってるけど、研げばまだ使える。種類が少ないけれど、まあなんとかなるといえばなんとかなる。だから買うのをためらう。一方で電動工具は持ってないので買う。そういう違いではないだろうか。

ノコギリもそういうことだろう。切れ味は悪くなってるけど、切れないことはないから新たに買うのをためらう。

それをいえばMacもそうだったのかもしれない。まだ使えるから買い替えはもうちょっと待とうかと。

すでにあるもの、まだ使えるもの。そういうものを買い足したりするのにはケチモードに入るのだろう。

もっとも、電動工具も同じくどうせ買うなら安いところでと、いろいろ頭を悩ませているので、その点で言えばまったく同じか。

室内作業快適過ぎワロタ

今日は寒いし天気も悪そうということで、室内で続きの作業をした。ノミで木材に溝を掘る作業だったので、比較的粉塵舞い散らないからいいかなって思っての室内作業である。

ゴミ袋の中に切り屑が入る感じで配置して作業を行った。これは快適。屋外作業と違ってゴミが舞い散るのだけはいただけないのだけれど、そこ以外はあまりに快適。暖かい部屋の中で作業できるって素敵。

俄然作業部屋が欲しくなってしまった。

ストレッチ

先日膝を勢いよく曲げたらピキッと痛みが走った件について。これね、ストレッチが必要なんだと思う。

根本的には運動不足によるものなんだけどね。引っ越しに合わせてランニングマシーンを処分してしまい、以降ランニングとか一切してないから、関節が凝り固まってしまってるんだと思う。ランニングマシーン使ってた頃は、定期的に走ってたし、走る前にはストレッチしてた。それがなくなったから関節が固くなって、ちょっとした動きでも激しい運動クラスにダメージを与えるんだと思う。もちろん、加齢による影響も無視できないんだけど。

つまりちょっと買い物に出かけるとか、そういうレベルの動きの前でもストレッチをしたほうがいいってことだ。まずは朝起きたら軽くストレッチ。関節を動かす準備運動入れる。これをするだけでもだいぶ違うんじゃないかなと思う。

平気でうそをつく人たち

という本を今読んでいるのだけど、なかなかに示唆に富んでいる。示唆に富んでいるというのが、まだきちんと言語化できているわけではないのだけど、自分自身に当てはまるという部分があるという意味で示唆に富んでいる。

特に私自身が嘘をついているわけではない、と思っている。ただ、現実を現実として受け入れていない、受け入れられないという点では、嘘を付く人たちと共通点があるのではないかなと感じている。

DIYに傾倒するのも、その前だったらアニメで現実逃避するのも、現実を見つめて受け入れられないからやってる面が大きい。要は逃げているのである。外部とのコミュニケーションが必要な状況にないからウソを付く機会が少ないだけであって、自分に対しては嘘をついているのと同じ状態なのではないだろうか。

まだ全部読んでないんだけども。一回読んだだけじゃなんか自分の中でうまく咀嚼できなさそう。なんか得るところはあるのは間違いないんだけど、それをうまく言語化できない。

あとは読んでるとたまに邪念というか、自分のことを考え出して本の文字が入ってこなくなってる時がある。そういう意味でも、一回読んで改めて読み直してが必要な本かもしれんな。

とりあえず今感じてるのは、現実逃避しすぎやなっていうこと。DIYにしろ競技プログラミングにしろね。いや、DIYはともかく競技プログラミングは勉強だからまだ近いんだけど、優先順位間違えてるんじゃないかなっていう意味での現実逃避ね。

アニメ見てないな

新番組始まってる頃なんだけど、最近アニメ見てないな。なんかね、本好きの下剋上の13,14話がいつのまにかプレミアムになってしまって見れなかったので、なんかどうでもいいやって感じになってしまった。あれ、いつ放送してたんだろう、AbemaTVで。

それと新番組は関係ないじゃんって話なんだけどね。DIYにかける時間が増えすぎて、アニメに割く時間がなくなってしまったのが実際のところ。

なんか面白そうなのはちょろちょろ見かけるんだけど、今は時間がなくて見る時間が取れないなぁ。引越し前なら録画して撮りだめとかできてたんだろうけどな。

ABCのC問

なんか解き方が美しくないとかへんなところにこだわって解けないのはもったいない。というよりも、制約条件を見て計算量的に問題ないと思えば愚直なやり方でもオッケーと判断する器量が必要。

ちょっと時間が空いてしまったが、ABC150のC問を解いた。当時も数列のパターンを順番に出力して、それが一致してるか確認さえすれば解けるとは思ったのだが、肝心の数列をどうやって生成すればいいのかという点で詰まってしまった。なんかうまい感じで作れそうなのに・・・っていうね。

2N^Nというひどい計算量になってしまったが、これでも通るわけだから。制約から制限時間内に収まるかという視点を持たなきゃなぁ。

・・・ところで計算量はこれくらいっていうのがわかったとして、それが処理時間的にどれくらいかかるかはどう考えたらいいんだろうか。最悪3200万回の処理だけど、これ何秒かかるっていう目安。

Droidkaigiのアプリ

リハビリがてらちょっと触るにはちょうどいいかもしれない。あわよくば今年もコントリビュート。

・・・これも現実逃避かなぁ。それより個人アプリ作ったりする方優先するのが先だとは思うんだけどなぁ。でもまあ、ブランクが空く原因から考えると、ようやくここまで戻ってこれたというべきなんだろうなぁ。

これも認知の歪みかもしれん。やらなきゃいかんのにできていないという思いがあるわけで、そのやらなきゃいかん、個人アプリ作ったりとかね、それをmustと考えてるのが歪んでんじゃないかという話ね。そこをmustと考えてるから、他のことやるのが現実逃避になってるわけで。

いや、じゅうぶん現実逃避か・・・。

まあいいや。ともかくブランク空いててかつこれといって作りたいアプリのアイデアもないのだから、リハビリをかねてDroidkaigiのアプリを触ってみるのはいいと思うんだよね。今年はMPPか・・・。リハビリどころの話じゃないかもしれんなぁ。

DIYについて

そもそもDIYやろうと思い至ったのは、作りたいからっていうのと、作れる環境(ただしそこまでいいものじゃない)があるからではあるんだけど、もう1つクソみたいな業者の手抜き工事されてもなんとか自分でできるような能力がほしいっていうのがあるからかもしれん。

家のリフォームとか新築とか、中身がどうなってるかとか全然わかんないじゃん。細かいところで手抜きだなぁみたいなところが結構あるのよ。もうこれは頼んだ業者が適当すぎるってだけかもしれんけどさ。

家のまるごとリフォームとかを自分でできるように、っていうのは最終的な理想形ではあるんだけど、別にそこまで目指したいわけではない。いや、やってみたいという気持ちはとてもあるんだけどね。

当座のところは、ある程度の簡単そうな修繕みたいなのを自分でできるようになりたいっていうのが目標ではある。これは仕事に直接結び付きがあるわけではないけれど、自分の生活には繋がりがある。元ゴミ屋敷だからね、この家。今もボロボロの納屋とかあったりするしね。そういうのを直せるようになればなぁっていうのがある。

Macの性能

今のところ不便を感じてないから買い替えはまだいいやとか言ったけど、Android開発最近してないからそう思ってただけっぽいなこれ。久しぶりのAndroid開発やると、ビルド遅い・・・。初回ビルドだからというのもあるかもしれんけれど。

とりあえず今日はビルドできたというだけで終わっとこ。

ご意見はこちらまで