私が米澤穂信を知ったのはアニメ氷菓がきっかけ。さすがに細かい経緯までは覚えていないのだけど、アニメを見て原作を買った。どうでもいいけど電子書籍デビューでもあった。

アニメの氷菓が放映されたのは、2012年らしい。もう4年前だ。4年前の作品だけど、とてもいいアニメーション作品だと思う。京都アニメーションによる素晴らしい画と、可愛らしいヒロイン千反田えるの「私気になります!」というキラキラした表情が印象的だ。だが待って欲しい、摩耶花もいい。見たことがないという人には、もったいないからぜひ見て欲しい。

そんなことを言うと、アニメとしての見栄えの面で印象的な作品のように思えるかもしれない。しかし、私が惹かれた理由は実は別にある。この作品、キャラクター同士の距離感とかセリフ回しが実にうまいのだ。ああ、だから原作を買ったような気がする。

そこから米澤穂信にハマった・・・わけではない。実のところハマったのはつい最近である。アニメが終わって、原作を買ったことも忘れてしまった頃、たまたま読み返してみたのが最近、といってももう1年くらいは経っているだろうか。

後書きに元ネタというか、インスパイアした作品が紹介されていて、そこから読書の幅を広げるようになった。「九マイルは遠すぎる」、「毒入りチョコレート事件」、「十三号独房の問題」、「天使の鬱屈」、「探偵映画」、「七十五羽の烏」、一部解説で紹介されていたものが含まれるけども。そんな感じで紹介されている本を読んでいった。そうこうしているうちに、そもそもご本人の他の作品も読んでみようとなって、今に至る。

米澤穂信著の作品は一通り読んだ。数が少なすぎず多すぎずで、読みやすかったのが幸いだった。これが森博嗣なら多すぎて読み切れていなかっただろう(実際読みきっていないけど)。

私が米澤穂信に惹かれる理由は、その洗練された文章だ。私が勝手に日本刀のイメージを持っているその文章は、無駄のない洗練された美しさを感じさせる。というとなんだか通っぽいけども、私の中ではそういうイメージなのだ。一見シンプルで素っ気ないのだけど、だからこそ読んでいて違和感を感じさせずに物語に没入できる。そこがいい。

推理小説が多いのだけど、荒唐無稽なトリックが出てくるわけではない。むしろ犯人なんかはわりと予想がつくことが多いのだけど、「分かったぜ、へへーん」と得意顔になって油断していると、最後にどんでん返しで頭をガツンと殴られたかのような衝撃を受ける。全部が全部そうとはいわないけども、それが楽しみで米澤作品を読む自分がいる。

個人的には氷菓シリーズの「愚者のエンドロール」が米澤穂信っぽさが出てると思う。女帝に踊らされる奉太郎という話で、最初に見た時は好きになれなかったんだけど、思い返せば一番っぽい気がする。

普段小説は読まないという人は、まずは氷菓のアニメから入ってみて、そこから続きの「ふたりの距離の概算」を読むといいんじゃないだろうか。ちなみにかなり原作に忠実にアニメ化されているので、アニメ見ていれば原作の「氷菓」〜「遠まわりする雛」まですっ飛ばしても違和感ないと思う。むしろあまりに忠実すぎて、そして映像の破壊力がある分アニメの方が面白くて、原作の氷菓から読んでしまうと「なんだ大したことないじゃん」と錯覚してしまうかもしれない(私がそうだった)。

氷菓シリーズが気に入ったら次は〈小市民〉シリーズがおすすめ。「探偵」が出てくる小説・物語に違和感(というか気持ち悪さ)を感じている人にはしっくりくるんじゃないかな。氷菓シリーズよりもさらにコミカルな感じなので、読みやすいし楽しさが分かりやすい気がする。

そこからは同じ青春ものということで「ボトルネック」もいいと思う。青春モノだけどホラー度もある作品でして、ホラー度でいうなら「犬はどこだ」も負けていない。

また「さよなら妖精」も面白い。これは「王とサーカス」や「真実の10メートル手前」(ベルーフシリーズ)に続く原点となる作品なので、そっちが気になってる人にはぜひ読んでもらいたい。ちなみに真実の10メートル手前は直木賞候補作。

短編集で様子見したいというのであれば、「儚い羊たちの祝宴」が個人的には米澤穂信っぽいって思った。「満願」も悪くないんだけど、私の中での米澤穂信っぽさ度は「儚い〜」に軍配が上がる。

基本的に後味が悪い、というとちょっと言いすぎかもしれないけれども、風刺が効いていたり薄気味悪かったりする終わり方が多いので、そういうのが苦手な人はちょっとあれかも。私にはいいあんばいで、ゾクッときたりニヤリとできたりするので楽しいのだけどね。

最後に、先生をつけるとなんだか崇め奉るようで具合が悪く、かと言ってさんづけだとなんか距離をつけるみたいでやっぱり具合が悪く、かと言って呼び捨ては失礼な気がして気がひけるのだけど、よい解決策はないだろうか。まあ今後も、微妙な居心地の悪さを感じながら敬称略で書くんだろうなあと思っているのだけどね。

ご意見はこちらまで