日が照っていても風が強いと寒い

空だけを見たらいい感じに晴れていて、太陽の光も温かいのだけれど。外に出たらすごい風でめっちゃ寒い。それでも少しだけサイクロン集塵機をつけたペール缶を乗せる台の作成を行った。材料はほぼ廃材のみである。移動しやすいようにキャスターだけ買ってきてとりつけたけれど。手前側にだけキャスターを取り付け、ウィリーさせるところころ動くという感じの作りにしてみた。ただそれだけだとキャスター側が動いてしまうので、もうちょっと調整が必要かもしれない。

最小全域木

集中できてなかったのもあるけど、時間かけすぎたなぁ。時間かけすぎるとダラダラしてよくない。考えても分からんからだれてゲームに流れたとも言えるかもしれんが。

いや、いきなり答えに飛びつくのも良くないと思うんだけど、かといって無駄に時間かけるのも良くないんだ。バランスなんだよ何事も。

自分の頭で考えて分からんのなら、解説見て理解することに力使うべきなんだな。解説見てもちんぷんかんぷんな場合あるし。

で、解説見てると、問題を分解して小さい部分にして考えるという思考ができてないんだなというのが分かる。分かるんだけど、じゃあどうやって分解して考えればいいんだろうってことが腑に落ちてないので応用できない。うーん、単に場数の問題のような気もするし、自分の癖のような気もする。

これまで直感によるバチコーンってハマったときにすごい解けるという成功体験に依りすぎて、理論立てて考えるってのが苦手なんじゃないだろうかという気がする。だから直感で歯がたたないときにどうしようもなくなる。考え方のフレームワークがないんだよな。

直感って言ってもニュータイプ的なひらめきというわけではなくて、自分で言語化できてないんだけで、構造的にこうなってるからこうやればうまくいくでしょ、という大雑把な道筋を見つけて、後は実践みたいな解き方をするわけよ。それがきれいにはまるときもあれば、大外れなこともある。

今日より寒いの?

明日はさらに冷えるらしい・・・まじかよ。

作業がはかどらない以前に布団から抜け出せるかの勝負になりそうだな。

ご意見はこちらまで