近所の郵便局が進化してた

しばらく行ってなかったが、久しぶりにフリマアプリの発送にいったら、QRコード読む端末が設置されてた。今まで窓口で読み込んでもらってた。土日窓口もない田舎だが、ついに導入されたらしい。私以外にもフリマアプリで出品する人がいたんだなぁ。

でも郵便局で出力されるあのラベルって、ものすごく紛らわしいんだよなぁ。シール二枚構造で、どう考えても手前のラベルを剥がして貼るように見えるんだけど、そのラベルの台紙自体を貼り付けないといけない。このあたりはヤマトの方がラベルの出力形式賢いと思う。というか郵便局のはヒューマンエラーのもとでしかないわ。なんであんなラベルにしてんだろうなぁ。窓口の人も間違えかけてて「分かる・・・」ってなった。

端材がなくなる

まあもともとリフォームの廃材をピックアップしたもんだからねぇ。その上使えそうなまともな材から使っていくから、そりゃなくなるわって感じ。

意外と馬鹿にできないのが、練習のために使う材なんだよね。練習というか予行演習? こういう加工をする予定だがちゃんと組み上がるかを確認するのに使ったりするの。これは端材だからこそできるもんね。他にはノコギリで真っ直ぐ切る練習とか。

ホゾ彫り

ほぞ穴彫って取っ手に使う木材を延長してやった。多分これで使いやすい高さにできると思う。

しかしホゾ彫り楽しいんだけど、大変だわ。なにがって、もうノミの切れ味がダメすぎて大変だった。研がなきゃダメだわあれ・・・。研がなきゃなぁでそのままだましだましきたけれど、ほんとにもうだめです。切れないからほぞ穴掘るのに穴を掘り進められなかったもんな・・・。

研ぐことの決意として、マイクロスコープをポチった。刃先を観察しながら研ぐのをやってみたいって思ったもんでな・・・。ただ、研いでる最中にそんなことまで気が回らないような気がしてならないけどね。でも研いでる最中の刃先の状態とか見てみたいじゃんね。

ご意見はこちらまで